大事な情報は封書よりも圧着はがきで

圧着はがきというものがあります。

このはがきはよく大企業のダイレクトメールで利用されているもので、シール状になっていて、折り重なった二枚をはがすと見開きになるようになっています。

このはがきが利用されるのは、中に重要な情報が記載されている場合などに利用されます。

中に住所や生年月日などの個人情報が記載されていて、第三者に読んでもらいたくないというようなケースです。

そのような場合には、封筒で送ってもいいのですが、統計の結果、封書で送るよりもこの圧着はがきで送った方が読んでもらいやすいという統計結果が出ています。

そのため、最近では封書では送らず、このタイプのはがきを利用する企業も増えてきているようです。