地球に優しい栽培法で使う肥料や微生物

株式会社カルテックの肥料は、地球に優しい栽培法によって使われますから、本来の地力を維持しながら農地を維持できる仕組みになっています。

野菜の美味しさも左右する土壌は、カルシウム肥料によって養われるだけでなく、微生物の力を借りて成長させるのも特徴です。

カルテック栽培を導入すれば、カルシウムの恩恵で葉物野菜は甘さが増して、栄養価も高くなります。

根菜の場合には土の養分を存分に吸収するため、本来の芳香も際立ちます。

肥料は大切ですが、カルテック栽培では土作りも入念に行いますから、互いの相乗効果は確かな状態になります。

従来の農法で土地が疲れ切っている場合には、カルテック栽培に切り替えるだけでも、土壌が自然治癒力を発揮して野菜の成長を促進させることになります。

土に混ぜるのは乳酸菌をはじめとして、自然の有機物が中心ですから、無農薬栽培にも適応しています。

カルテック栽培ではカルシウムの量は増えますが、硝酸態窒素が大幅に減少するのも特徴です。