ワイングラスの形と選び方について

せっかくおいしいワインを飲むのであればワイングラスにもこだわりましょう

グラスの形によってワインの味は違ってきます。

ワインを楽しむ上で香りは非常に重要です。

基本はチューリップ型のデザインですが、グラス部分が大きくなればなるほど香りがよく美味しく感じられます。

しかし大きすぎると扱いづらく保管も大変になるので程よいサイズ選びが大切です。

白ワインやスパークリングワインなどは冷やして飲むので、よく冷えている間に飲みきることができるようにサイズは小さ目となっています。

ワインの美しい色も楽しめるように無色透明のワイングラスのほうがよいでしょう。

ワインの種類やぶどうの品種ごとにおすすめのワイングラスは違います。

ただ、すべての種類をそろえるとなるとお金も収納場所も必要となるので、自分がよく飲むものに合うグラスを選ぶか、赤ワインでも白ワインでもいける兼用グラスにするようにしましょう。

気軽にワインが楽しめるように、あまり高給すぎないものを選んだほうがよいでしょう。